BLOG

2020.08.08

ファンクショナルトレーニング


皆さんは「ファンクショナルトレーニング」という言葉を聞いたことがありますか?

これは「身体の機能を高めるトレーニング」のことです。

どのようなトレーニングかと言うと、正直なところ世界的に見て統一された定義はありません。

トレーニングというと「加圧トレーニング」や「初動負荷トレーニング」など様々ありますが、「スポーツ動作だけに特化したものではなく、共通して存在する人間の身体の効率的な動作に着目し、動ける身体をつくること」だと言えます。

それが日常生活においても、様々な競技においても使える身体をつくることに繋がります。

立つ、座る、歩く、走るといった日常的動作も身体の機能を高めてあげれば、動作をよりスムーズに、かつ安全に行うことができるようになります。

つまり「ケガをしなくなる」ということです。ファンクショナルトレーニングは体を「鍛える」というより、むしろ、「コンディショニング」というイメージの方がしっくりくるかもしれません。

使える身体をつくるトレーニング

人間の身体の構造は皆共通していて、骨の数や筋肉の数はほぼ誰でも同じです。

筋肉が骨に付いている部位などもほぼ同じです。骨の形も共通しているので、それぞれの関節の役割や動き方も共通しています。

この206個の骨と、約600個の筋肉で精巧につくられた人間の身体という構造物を、人はそれぞれの目的に応じて動かしているわけですが、その目的の動きをとるために、どこか1ヶ所でも骨や関節の角度を変えれば、身体全体が重力に対してバランスをとり、複数の骨と筋肉を動かして姿勢を維持し、動きを作っていきます。こうした仕組みを解明したのが「機能解剖学」であり、「関節生理学」です。

ファンクショナルトレーニングは、これまでに解明されている身体の構造をもとに、目的の動作を最小のパワーで無駄なくできるように、身体の動かし方を身につけるものです。

その動き方を習得することで、目的に合わせたパフォーマンスを最大化することもできます。スポーツで言えば速く走ることかもしれませんし、ボールを蹴ったり打ったりすることかもしれません。

日常生活であれば仕事や趣味を楽しむことかもしれません。それぞれの方の目的に合わせて使える身体をつくる。それがファンクショナルトレーニングです。

実際にやってみたくなったら是非アレスまでお問い合わせ下さい

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約