BLOG

2020.10.19

鬼滅の刃 呼吸

おはようございます😁

今日は呼吸法最終話になります!!

全集中の呼吸 三の型、バルサルバ法による筋力アップ

鬼殺の刃の中でも語られるように、全集中の呼吸を行うと非常に苦しいということから、バルサルバ法に近い呼吸法と考えることができます。

バルサルバ法は、

いきむ(息む)動作で呼吸が止まり、筋緊張が起こることで普段より筋力が発揮できる生理的な現象。

として知られています。

バルサルバ法による瞬間最大筋力の増強が可能であるという研究報告もありますが、健康へのリスクの面での指摘はあるので、バルサルバ法による全集中の呼吸はリスクを伴うことが考えられます。

鬼滅の刃でも説明されていたように、全集中の呼吸常駐は負荷が高く、くらくらするという症状がおこる場合もありますので、おすすめはできません。鬼滅隊以外の方は、くれぐれもご注意ください。

丹次郎が言っていたように、パワーは出せても、体がもたないということが起こるので、体もきちんと鍛えなけれいけません。

ぜひ、全集中の呼吸と併せて、トレーニングをして、強靭な肉体を手に入れましょう。

全集中の呼吸のやり方のまとめ

リアル全集中の呼吸法、いかがでしたでしょうか。

まとめますと、まず定番で基本中の基本、腹式呼吸をマスターしましょう。

そして、筋力を発揮するときの呼吸法を体にしみこませるように覚えましょう。力を発揮する前に吸う、力を出すときに息を吐き切る。これが瞬間最大筋力を高める方法です。

この呼吸法をしっかり行いながら、マッスルコントロールを意識しながら、筋トレを行い、基礎の筋力を高めるトレーニングを日々行い続けましょう。

そして、万が一の時に、さらに最大筋力を高めるバルサルバ法があります。このバルサルバ法は危険性も伴う場合があるので、普段から行うことはやめましょう。

腹式呼吸と、力を入れるときの呼吸法が自然とできるようになることが全集中の呼吸です。

ぜひあなたの日々の鍛錬に役立ててください😁

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約