BLOG

2021.06.08

6月病

突然ですが皆さんは【ストレス】溜まってないですか?

ゴールデンウィークが明けると「5月病」を耳にしますが近年では、「6月病」にかかる人が増えてきていることが注目されています。

6月病とは、周りの環境が変化することによって、自分でも気づかないうちにストレスや疲労をため込み徐々に心や体に不調がでてきてしまう一種の「適応障害」です。

これまでは5月病も含め、新入社員や新入生に当てはめられていましたが、近年では、新社会人だけでなく転職や異動・昇進などをした人や、環境が大きく変わった子供や主婦にも現れることが分かっています。

6月病の方は、自分が思っている以上にストレスや疲労をため込んでいますので「私は大丈夫」と思っている方も要注意です。

違いというと5月病が急性に起こっているものとすれば、6月病は慢性的に続くものと言えます、その分『うつ病』などに繋がる可能性が高いです😰

症状としては不眠、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振などがあげられますが、梅雨の時期の不安定な気候も影響し、なんとなく体がだるく不調を感じるなど人によってさまざまな症状が現れます。

ストレスと上手に付き合うポイントは、

・ストレスに気づくこと

・ストレス解消方法を理解おくこと

上の2つです。

真面目で繊細な人はストレスを感じやすいですが、太陽の光を浴びれば【セロトニン】が出て癒されらりするので。『晴れてるから散歩しよ!』みたいな理由でいいので、心も体もリフレッシュしたい方は、趣味や好きなスポーツをその時は他の事は考えずに集中して楽しみましょう🤗

好きなものを食べたり、仲の良い人とお話ししたり、ご褒美をしてあげたら生活リズムを整えて健康な身体づくりをしましょう。「寝る時間・起きる時間・朝ごはんの時間」を同じ時間になるように心がけると、体内で規則正しいリズムを刻み、体内リズムが整います。

こんな時期ですが、皆さんも気をつけていきましょう!!


かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約