BLOG

2022.07.06

上体起こし(クランチ)よりプランクの方が腹筋に効く!

「体幹強化に最適なのは『上体起こし(クランチ)』のような腹筋」だと思っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、米国ペンシルバニア州立大学の研究によって「『プランク』こそが腹筋に対して、より効果的に働きかけるトレーニングである」ということが言われています!

いわゆる伝統的な「クランチ」もしくは「シットアップ」など、体幹の強化を目的としたアイソレーション系(=単一の関節と筋肉のみを動かすトレーニング種目)のエクササイズよりも

背筋や肩、そして臀部の筋力も要求される、いわゆる「プランク」や「マウンテンクライマー」などのエクササイズのほうが、遥かに高い効果が表れるという結果が示されたというわけです。

「プランク」の姿勢を取ろうとすれば、背筋を安定させなければなりません。つまり、脊椎(せきつい)の分節をなす個々の骨である椎骨(ついこつ)を固定させるよう努めるため、腹部など中央部の筋肉全体を限界まで機能させなければならなくなることは想像できるはず、、、

「これによってお腹の中の腹腔内圧も高まるので、それによってスクワットやデッドリフトといった体幹の働きが重要なエクササイズをする際に、好影響を及ぼすことになります」

プランクのメリット

「クランチで頭を使わず、ひたすらレップ数を重ねることに夢中になるのは簡単です。その一方でプランクなら、コア全体で緊張感を保ちながら安定させるため、意識を集中させることが必須となります。そして、その集中からもたらせる体幹の緊張を鍛えることこそが大いに役に立つわけです。この緊張のパフォーマンスを向上させることに成功すれば、ジムで行なうリフト系のトレーニングに大きな影響となって現れるはずです。パワーをより効率的に使い、より多くのレップをこなし、怪我も回避する…そのような習慣が自ずと身につくに違いありません」。

時間よりもフォームを意識して行う

テレビや雑誌では「1分」や「5分」といった長時間キープさせる方法が言われていますが、乱れたフォームでキープしてもかえって体を痛めてしまいまし💦

20秒でもきつかったら15秒、10秒と自分の体力、筋力に合わせてトレーニングしていきましょう💪

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約