BLOG

2022.08.29

「和」の食材でダイエット!

和食の食材として親しまれている「おから」と「ひじき」はヘルシーで主菜にも副菜にも活かせるため、両方の食材をダイエット面で解説していきます✨

おから

おからとは豆腐の生産過程でできる副産物(大豆の搾りカス)であるため、大豆よりもカロリーが低い。

種類も豊富でしっとりと湿り気があり大豆の風味が感じられる生おから、粉末タイプで使い勝手のよい乾燥おから、そして乾燥おからをさらに細かくしたおからパウダーなどがある。

今回注目したいのは、おからに含まれる栄養素。

ミネラルやビタミンがバランスよく含まれており、とくに血圧を下げる効果のあるカリウムや、整腸作用のある食物繊維が多い。また、糖質量は生おから100gの場合2.3g、乾燥おから100gの場合8.7gと少ないため、糖質制限をするなら活用したい食品だ。

ひじき

ひじきはご存知の通り海藻の一種なので、カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれている。

カリウムには、塩分の過剰摂取を調整する効果がある。また食物繊維も多く、便秘予防効果のほかに血糖値上昇の抑制やコレステロール濃度の低下にも作用する。そのほか、皮膚の粘膜を健康に保つビタミンAも含まれており、美肌効果も期待できます✨

このようにおからやひじきには、ダイエットに有効な成分が豊富です!

どちらもサラダなどに使うことができて、タンパク質の摂れる「ツナ」や低カロリーの「こんにゃく」などとも相性が良い食材です🤗

無理なく食生活に取り入れていきましょう!

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約