BLOG

2022.11.12

科学的に腹筋だけでは脂肪を落とせない


いつでも気になるのは「お腹の脂肪」。ジムに行くのは面倒だから、とりあえず腹筋だけでも……と考えているあなたに悲報です。腹筋ではお腹の脂肪をまったく落とせないんです!

米スポーツ科学ジャーナル「Journal of Strength and Conditioning」(2011年9月)に掲載されたヴィスピュートらの研究によると、腹筋のエクササイズをしても体重、体脂肪率、内臓脂肪率、腹囲、腹部負荷脂肪に有意な変化が認められなかったそうです。

被験者は、18歳~40歳のデスクワークが主にしている24人の健康な男女(男14人、女10人)。これを腹筋のエクサイサイズをするグループ(AG)と、コントロールグループ(CG)に分け、比較研究を行いました。AGは7つの腹筋エクササイズを10レップ2セットで週5回、6週間行い、CGは一切のエクササイズをしませんでした。両グループともに実験期間中は同じ量のカロリーを摂取したそうです。

その結果、AGはCGに比べて腹筋の反復回数が有意に増加しましたが、体にはこれといった変化は見られませんでした。同論文は「腹部の皮下脂肪を減らし、体組成の計測値を下げるためには、6週間の腹筋トレーニングだけでは不十分である」と結論付けています。

やはり、お腹の脂肪を落とすためには、全身の脂肪を落としていくしかありません。食事のカロリー制限はもちろんのこと、腹筋よりも大きい筋肉である脚、背中、胸のエクササイズで、消費カロリーを増やしていくべきでしょう。

アメリカのテキサス大学で行われた『腹部の脂肪に対する腹筋運動の効果』を検証した研究など、複数の研究にもある通り、部分痩せはできないという説は有力なので、腹筋運動をしてもお腹の脂肪だけを選択的に減らすことは事は出来ません。


しかし、腹筋トレーニングで腹筋を厚くすることが出来れば、
体脂肪率が15%程度でもハッキリ腹筋が割れて見える場合があります。


つまり腹筋に厚みがあれば、お腹の脂肪をそれほど落とさなくても
シックスパックを手に入れることが出来るということになります。
なので、シックスパックのお腹を1日でも早く手に入れたいのであれば、
様々な種目・重量の腹筋運動を毎週のルーティンにして、
他の筋肉と同じように時間をかけて腹筋に負荷をかけていきましょう!

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約