BLOG

2022.11.29

内臓脂肪を減らす食事の方法

みなさん、内臓脂肪って気になりますよね?

脂肪自体は普段の食事からカロリーオーバーしてしまうと脂肪細胞の力によって増えてしまいますし、内臓脂肪が溜まると、高血糖や高血圧などを引き起こす恐れがあります。
そんな内臓脂肪を意外な方法で減らせるってご存知でしたか?その意外な方法とは「お酢」です!

約大さじ一杯(15ml)の食酢をとることで、内臓脂肪が減る!

みなさん、内臓脂肪って気になりますよね?内臓脂肪が溜まると、高血糖や高血圧などを引き起こす恐れがあります。
そんな内臓脂肪を意外な方法で減らせるってご存知でしたか?その意外な方法とは「お酢」です!
お酢には毎日継続的にとることで肥満気味の方の内臓脂肪を減少を助ける効果があるという論文が報告されています。

「Vinegar intake reduces body weight, body fat mass, and serum triglyceride levels in obese Japanese subjects」(Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 73(8):1837-1843 2009)より作成(対象者104名のデータにて)

【試験概要】
肥満気味(BMI:25-30kg/㎡)で平均血中中性脂肪が155.5mg/dl(正常値は150mg/dl未満)の男女に食酢約15ml(酢酸750mg)を含む飲料、または、含まないプラセボ飲料(食酢の代わりに乳酸で味を似せた比較用の飲料)を1日1本(500ml)、朝晩2回に分けて12週間毎日続けて摂取してもらったところ、食酢を含む飲料を摂った多くの方で内臓脂肪、体重、腹囲、BMI、血中中性脂肪が減少しました。12週間摂取後の平均減少率は、内臓脂肪:4.9%、体重:1.6%、腹囲:1.5%、BMI:1.5%、血中中性脂肪:18.2%でした。

お酢の効果的な摂り方とは?

研究では12週間毎日継続してお酢を摂取した肥満気味の方の内臓脂肪が減少したことが報告されています。
そのため内臓脂肪を減らすためには、お酢を「大さじ1杯(15ml)を目安に」毎日継続して摂ることで効果が期待できます。

内臓脂肪を減らすためには、お酢の「酢酸」による効果の他、運動の消費カロリーと共に食事からのエネルギー摂取量を控える必要があります。しかし、ただ単に品数やボリュームを減らした食事では、食べ応えがなく長続きしませんよね。

これはお酢といえばの『ミツカン』

お酢には毎日継続的にとることで肥満気味の方の内臓脂肪を減少を助ける効果があるという論文が報告されていることをご紹介しましたが、同時に体重、BMI、腹囲を下げる作用があることも報告されています!

内臓脂肪への影響から間接的にも血圧への影響や食後の血糖値にも影響するみたいなので、内臓脂肪が気になりだしたらお酢で健康的な体を目指しませんか?

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約