BLOG

2020.05.07

カフェインとアルコール

オンライン飲み会が流行っていますね!

お酒が好きな方の中には、酔い覚ましにコーヒーやお茶を間に挟む方もいらっしゃるかもしれませんが、それ『実は危ないよ』ってことを説明します!

まずは「同時摂取」と「アルコール摂取の翌朝にカフェイン摂取」の2つのパターンを考えてみます。

まず、同時摂取の場合、アルコールは脳の働きを下げ、カフェインは逆に脳の働きを高めるので、これらの作用を打ち消し合います。

アルコールとカフェインの作用は、ともに摂取30分後にピークとなります。  さてその後はどうなるでしょう・・・?

アルコールとカフェインでは代謝の仕方が違います。カフェインの摂取量は「ミリグラム」単位であるのに対し、アルコールの摂取量は「グラム」単位。アルコールのほうがなかなか分解されません。500mLの缶ビール1本でも3時間は体内に残ります。2本だと6時間、3本だと9時間とアルコールの血中濃度が高い状態が続きます。そのため、前夜に飲酒すると、翌日のアルコールチェックで引っかかる場合もあるのでご注意を⚠️。

一方、カフェインの血中濃度は「3~4時間後にはピークの半分まで減る」と言われています。同時に飲み始めて、「今日は調子良い!全然酔わない!」とアルコールをたくさん摂取してしまうと飲み過ぎてしまい、時間差でアルコールの作用が強く出て危険になるわけです。

チェイサーがわりに飲酒の合間に摂取する場合でも悪酔いする可能性があるので、気をつけましょう!

それでは最後に、お酒を飲んだ翌朝のカフェイン摂取はどうでしょう。「二日酔いにコーヒー」を試す人もいますが・・・。

これについては多少は有効といえます。まず、二日酔いのときは脱水状態になっていることが多いので、水分を摂取すること自体が症状の改善にプラスとなります。それとともに、縮んでいた血管が逆に広がろうとして頭痛が生じることがありますが、カフェインが脳の血管を縮めようとするので、打ち消すことになります。また、カフェインはパフォーマンスの低下を抑えてくれるので、翌朝のカフェイン摂取はオススメです!。

文を読んでいただいて、「なるほど!」と思っていただけた方も「もっと知りたい!」って方もアレスでは緊急事態宣言に負けず営業しておりますので、是非お問い合わせください!!

———————————————————————————————————

ALESでは手指の消毒、換気、マスク着用、セッション毎のマシン等の除菌アルコールを徹底致しながら【通常営業】しております!

お客さま一人ひとりの安全を考え、また少しでも不安がなく今までのトレーニングよりさらに満足いただけるように全トレーナー精進させていただきます。

もし、今後のコロナウイルスの状況によりまして国や自治体からの各制限が発令された場合はホームページ掲載等、当施設よりご案内させて頂きます。

ご不明な点などございましたらお気軽にご連絡いただきたいと思います。

———————————————————————————————————

かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約かんたんパソコンでもスマホでもOK!24時間WEB予約